読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連草

福岡人向けグルメ情報+真面目なゲスネタ+α

下戸の叫び

雑記

下戸を蔑むな

ボクは下戸だ。コップ1杯のビールで酔っ払い、気持ち悪くなる。

そんな下戸から、下戸を軽んじる人に対して言いたいことがある。 

  1. 肝臓は鍛えられると思わないでほしい。
    多少は飲めるようになるとしても、程度の問題だ。ボクは学生時代にさんざん飲んで(飲まされて)、今の状態だ。

  2. 飲まないだけで、人格を否定しないでほしい。
    「酒を飲む=楽しいこと」という人は、往々にして「酒飲まない人=つまらない人」と思ってる。それどころか、「酒飲みの乱れっぷりを冷ややかに眺めてる嫌なヤツ」とみなしてることさえある。

下戸だって懸命に生きてるんだ。下戸の下戸たる生き方も尊重してほしい。

 

下戸を分かって

下戸のボクから、下戸を理解しない人に対して言いたいことがある。

  1. 飲み放題の飲み会では、配慮がほしい。
    大人数の飲み会はたいてい飲み放題だけど、それ自体はやむを得ないことだと分かってる。でも、飲み放題に数コースある場合に高い方(酒の種類の多い方)を選ばれると、内心穏やかじゃない。ソフトドリンクの選択肢が少なかったり、飲み放題に予算取られて食事がしょぼかったりすると、ため息が出る。
    ちなみに、ニコやかに「ノンアルコールビール」を置かれると、殺意を覚える。あれって飲む人が飲めないときの代用品であり、もともと飲まない人には、クソ不味い液体でしかない。

  2. 仲間内の飲み会でも、割り勘に工夫がほしい。
    カパカパ飲む人と、まったく飲まないボクを単純に頭割りされると腹が立つ。そうなりそうだと、意地になって食事メニューを注文してしまう。そんな様子を見て、食い意地が張ってるみたいに言われるのも腹立たしい。

 

うん、そう。「行かなきゃいいやん」って話だよね。自覚してる。実際、ボクはなるべく飲み会に出ない。けど、どうしても出ざるを得ない会もあるんだ。

損という感覚もあるけど、それ以上に、気遣いのなさに悲しくなる。居場所がなくって、帰りたくなる。いつも納得できない思いを抱いて帰る。

 

所詮、分かり合えないか

酒好きの人とは、行動の範囲・パターンがまったく違う。当然、話題・関心が異なる。

好きではないが飲める人も、酒好きグループと行動してることが多い。やはり話は合わない。

 

たとえば、酒飲める人から「ここ旨いよ」と紹介された和食・居酒屋で、美味かったためしがない。味覚が違う。「酒肴なら旨いんだろう」と想像できるが、「食事」でしかないボクには美味くない。

まして、酒飲みを集める店にとって、下戸は招かれざる客だ。あからさまに嫌がられることもあるし、そこまでなくても居心地は悪い。

下戸は、下戸welcomeな店にしか行かない。そこは大抵、酒飲みが行って楽しい店じゃない。食事でも、レジャーでも、旅先でも、下戸と酒飲みの行動パターンは違う。ともに歩くことができないんだ。

 

酒飲む人たちは、「酒」というアイテムで仲良くなれる。羨ましい。

下戸は「酒」が使えず、これに代わるアイテムはなかなかない。

中年になると、もうどうこうしようという気力はない。分かってほしいと言いつつ、分かってもらえるはずがないと分かってる。

でもね。今日も嫌な思いをして、どうしても「下戸の付合いの悪さは、自ら望んだことじゃない!」って言いたかったんだ。