読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

連草

福岡人向けグルメ情報+真面目なゲスネタ+α

漫画

Dr.マシリト「ベルセルク」を斬る

マシリト突っ走る(笑) 少女漫画の白泉社の、ほそぼそした少年誌「ヤングアニマル」。 実は「3月のライオン」や「ベルセルク」の連載誌であり、侮れない。 その7/8発売のNo.14に、白泉社の鳥嶋和彦社長と、ベルセルク三浦健太郎さんの対談が載ってた。 鳥…

女の妄想と、男の劣情

恋に恋する女子の、未熟を愛でる 眉月じゅんさんの「恋は雨上がりのように」、最新5巻が出た。 傷心の女子高生が、四十半ばの寂びたオヤジに懸想するマンガだ。 そう聞いて、オッサンの妄想が詰まったお話だと思うと見誤る。 このマンガには、未熟な女子の…

余暇をムダにするマンガ

客を騙す店 不味い料理を食った後、「金返せ!!」と叫びたいことがある。 店にとっては、仕入れに金を使い、仕込みに時間を使い、商売のために利益を載せた適正価格だろう。 でも、どれだけ真面目に作っていても、不味けりゃ、サービスと対価は釣り合わない。…

残念至極「Blue Giant」

石塚真一さんの「Blue Giant」というマンガがある。 おっさん雑誌ビックコミックに連載中で、コミックは既刊8巻。 好きな人ならタイトルで分かると思うが、ジャズをテーマにしたマンガだ。 ジャズを象徴する色は、Blue ジャズのビックネームは、StarでもHer…

もしも男子高校生が信長だったら

タイムスリップ 創作物は、どこかにリアリティがないといけない。 舞台は、①現在、②過去、③未来、④パラレルワールドに大別されようが、後ろになるほど、設定にリアリティを出すのに力量がいる。 登場人物は、舞台となる時空を生きる者であるのが原則だけど、…

オナホ愛

ジブン以外のモノを愛すること 人にとって一番大切な存在はジブン。それをどう扱うかはそれぞれだけど。 大切なのに大切にできないと病むし、大切だけに大切にし過ぎると籠もる。 でも大抵の人は、そこまでこじらせずに上手くやってる。 すべての人はジブン…